MENU

引越し見積りは重要です

引越し見積もり料金

引越しが決まり、まず一番気がかりなのが、引越し業者の料金ではないでしょうか?
「いったいどれくらいの料金だろう?」誰しも同じことで悩みます。

 

引越しの料金は、荷物の量や移動距離、建物の形状や時期などによって決まります。
また、当然ですが引越し業者によっても変わります。

 

引越しの見積りを業者に依頼するわけですが、一番注意したいのが、業者ごとの料金です。
「大して変わらないだろう」と考える人が非常に多いのですが、ありえない位に差が出る場合があるんです。

 

引越し見積もり料金の差

 

引越しの見積り料金はかなりの差が出ます

 

過去に経験した最大の差額は、東京〜福岡の単身引越しで、最高値は21万円、最安値は7万円3倍もの開きがありました。
「さすがにそれは極端な話だろう」と思われるかもしれませんが、こういったケースは日常的に起こっています。

 

引越し見積もり料金の差2

 

これはつまり、知らずに引越しを依頼した場合損をしてしまうという事です。
では、どうすれば無駄な出費を防ぐことができるのか?

 

答えは簡単、相見積を3社以上取ればいいだけです。
また、ただ相見積をするだけではなく、ネットの一括見積りサイトを使うことで、さらなる安値を引き出せます。

 

一括見積りサイトに登録している引越し業者は、他社との競合になる事があらかじめ分かっているので、通常よりも料金設定を下げているんです
※これはここだけの話ですが、実際通常の見積りよりも確実に安い料金が提示されます。

 

ぜひ一度、一括見積りサイトで引越し見積りをしてみてください!

 

引越し見積もりするなら

引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!

 


 

4月からの新しい生活に備える節分から4月にかけては、どんな時節よりも殊の外、引越しが増えるハイシーズンになります。この引越しの最盛期は、地域を問わずどんな業者も引越し料金の支払い額が多くなるようにしています。
パパッと転居届を出さなかったら、引越しする所で、たちどころにインターネットを見ることができないので、インターネットを立ち上げられなければ、不便な方は殊に早々にプロバイダへ知らせるべきです。
例えば人力では動かせないピアノの移送を引越し業者に託したケースでは、ごくノーマルな距離での引越しにおいては、概括的に友人へのご祝儀程度が相場だと感じています。
引越しのコストは、トラックを走らせる距離に従って相場は変わってしまうと覚えておきましょう。ちなみに、運送品のボリューム次第で結構上下しますので、可能な限り、段ボール函の個数を抑制することをおすすめします。
支店が多い引越し業者はやっぱり、運送品を厳重に届けることを踏まえた上で、部屋に入れる場合の家屋のプロテクションもちゃんとしているので安心です。

ここのところ自分の荷だけ持っていけばいい人向けの引越しプランが多数の引越し業者でスタートしていて、選り取り見取りの状態です。その訳は、引越しシーズンは単身の引越し件数が7割前後にも上るからです。
当たり前のことですが、引越しを考えている日に頼れる方の頭数次第で、見積もりの総額に関わってきますから、堅実なことは引越し会社に喋るのが堅実です。
ほとんどの引越しの見積もりには、知らず知らずの内に多様な特別サービスが増えてしまうもの。勢い込んで贅沢な内容を契約して、高額になったというような結末はあまりにもお粗末ですよね。
転勤などで引越しが確定したなら、前もって依頼することをお薦めしたいのが、定番化した「訪問見積もり」です。現場を見てもらわずに電話で見積もりを提示してもらっただけの場合、意思の疎通が図れないこともなきにしもあらずです。
結婚などで引越したいと考えている時、そんなにカツカツでないと判明しているのなら、なるべく引越しの見積もりを持ってきてもらうのは、引越しシーズンは控えるということがベストなのです。

引越しの開始時刻によっても、料金の考え方は変わってくるんです。大半の引越し業者では、当日の予約時間をざっくり三分割しています。日没の時間帯は一番目の現場よりも、料金はリーズナブルになる傾向があります。
太っ腹にサービスしてくれる引越し業者だと嬉しいのですが、料金設定を固持する引越し業者だと残念な気持ちになります。だもんで、最低3社ぐらいから見積もりを入手するのが、推奨されているのです。
インターネットプロバイダへの連絡は、新しく入る家を探した後に、現在使っているところの管理会社に転出日を知らせてからがナイスタイミングだと考えます。すなわち引越しを行う日の大方30日前頃でしょう。
引越しにおける「訪問見積もり」では、引越し業者が訪問し、入念に現場の様子を確かめて、間違いのない料金を計算してもらいます。しかし、立ちどころに答えを言わなくても大丈夫です。
営業所などの引越しを発注したい場合もありますよね。業界トップクラスの引越し業者のHPを見ると、原則、職場の引越しに応じてくれます。

 
更新履歴